戦国武将列伝のヘッダー画像

本多忠勝

本多平八郎忠勝は、徳川家康の家臣です。

生涯で57回の戦に参戦したが、いずれの戦いにおいてもかすり傷一つ負わなかった。

徳川四天王・十六神将・徳川三傑に数えられ、家康の功臣として現在も顕彰されている。

「家康に過ぎたるものは二つあり、唐の頭に本多平八」と賞賛された名将です。

エピソード

織田信長にその並はずれた武勇を「花実兼備の勇士」と讃えられた。


豊臣秀吉に「東に本多忠勝、西に立花宗茂あり」と言わしめた。


「武勇だけに優れていても大きな人間にはなれない。戦略を練り戦術を熟慮し慎重に考えて、部下に適切な指示が出来る人間でなければ、大きな手柄は立てられない」と言い切っていて、「思慮ある人は士卒に下知して大きな手柄を立てるが、思慮なき人は槍一本の功名を得るだけに止まり大きな手柄は立てられないものだ。」と語っている。


本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれると、家康に伊賀越えを進言し、無事岡崎に帰りついた家康に「万死を免れるも、ひとえに忠勝の力なり」と称賛された。


小牧・長久手の戦いでは、わずか500名の軍勢を率いて秀吉自ら率いる8万の大軍と対峙し、豊臣軍を足止めした。


関ヶ原において西軍が敗戦した際、それに与した真田昌幸・真田信繁(幸村)親子の助命を嘆願したが、家康・秀忠親子が強硬に死罪を主張したため、「お聞き入れくだされなければ、それがしが殿と一戦仕る」と言って家康を驚かせた。


「わが本多の家人は、志からではなく、見た目の形から、武士の正道に入るべし。」と言い残した形や趣味を見れば、その人の心根も自ずと見える。それは心が好むものが、外に自然と表れるからであり、その代表的なものが言葉遣いだと考えていたので、身なりで本多の家人だとわかるようにする事を求めている。


晩年、小刀で持ち物に名前を彫っていて、うっかり手を滑らせ、指に小さな切り傷を負ってしまう。これが唯一のキズだと伝えられている。


本多忠勝の辞世の句は「死にともな 嗚呼死にともな 死にともな 深きご恩の君を思えば」であり、主君より先に逝く不忠を嘆いている。


誰もが認める猛将だが、武勇よりも知略が評価される事が多い。その優れた知略があるから57回の戦闘で、一度もキズを負う事が無かったと思われる。


名槍・蜻蛉切

本多忠勝の愛槍・蜻蛉切は、天下三名槍の一つに数えられている。

戦国武将データ 本多忠勝

生誕 天文17年

死没 慶長15年10月18日

戦国大名・徳川家康の家臣


カラーミーショップ

楽天カード

ニキビケア

INDEX

リンク集

Copyright 2009-戦国武将列伝 All Right Reserved